Enjoy the design オリジナルTシャツの作成!

Enjoy the design

季節やファッションによって色々なデザインのオリジナルTシャツを作成して楽しむことでファッションに活用してみてはいかがでしょうか。

Tシャツ作成とドローイングソフト

Tシャツ作成を進めるためには、パソコンソフトが必要です。 一般的な画像ソフトでも、デザイン画は作れますが、応用の事を意識すれば、ドローイング系の方が良いでしょう。

ベクター画像が作れますので、ロゴやデザイン画をベジェ曲線で描ければ、Tシャツ作成に他に、メッシュキャップやトートバッグ、パーカーなどの作成時にも同じ画像が利用出来ます。

ベジェ曲線は癖のある表現方法ですが、手描きのデータをスキャンし、それをツールの画面内でベクター画像に変えられる機能もありますので、応用すれば誰でもTシャツ作成の原画が作れます。

一色だけのTシャツ作成

たくさんのカラーを使用したTシャツ作成も素敵ですが、あえて一色だけを使用したTシャツ作成に仕上げるのも素敵ではないかと思われます。一色だけのTシャツ作成を行う場合には、土台となるアイテムのカラーと使用するカラーがマッチするかどうかという事について検討する必要があるかと思われます。

Tシャツ作成を行う際に土台となるアイテムのカラーと使用するカラーが似ている場合には、あまりデザインが目立たなくなってしまう事も予想されます。その一方で補色を活用したTシャツ作成であれば、きっと多いに目立つのではないかと思われます。いろんな見せ方があるかと思われますので工夫する様にしましょう。

お客さまの声を参考にしたいTシャツ作成

多くの場合、Tシャツ作成を行っている会社のwebサイトを見ると、お客さま声が掲載されている事があり、Tシャツ作成の作品を着用している写真を閲覧できる事が多いでしょう。Tシャツ作成をする時に、どんなデザインにしていいのか分からない時には、このお客さまの声を参考にしながらTシャツ作成を行うという方法もあります。

Tシャツ作成では作品だけが掲載されている写真よりも、実際に人が着用している写真の方が多いに参考になる事もあるでしょう。作る前には、できるだけいろんな会社のwebサイトを参考にしてみる事をおすすめします。まだ、依頼する会社が決定していない時にも会社選びの参考になるでしょう。

色落ちに配慮したTシャツ作成

使用する色によってはTシャツ作成を行った際に、洗濯を行うと色落ちしやすい事もあります。そのため、プリントサービスにおいては、Tシャツ作成でできるだけ色落ちしにくい様に配慮されている事もあります。

また、Tシャツ作成で色落ちするというのは洗濯する際が多いと考えられますので、洗濯の際には、Tシャツ作成を行った作品以外に白い物と一緒に洗うのを控えるなどの対策が必要となる事もあるでしょう。

Tシャツ作成を行った作品についてアイロンを掛ける際にも注意しないといけない事もあります。扱う際には、使用方法に気を付けましょう。そうする事は、色落ちを防ぐ事ばかりではなくて、長く使える事にもつながるでしょう。

自分なりのTシャツ作成

Tシャツ作成は様々な行事やイベント、店舗のユニフォームなどに広く取り入れられています。街中で見かけるアパレルショップでの取り扱いだけに留まらず、近年ではインターネットの普及によって、オンラインでもデザインができるよう工夫されています。

サイズやカラーを選び、さらに自分の好きなロゴやイラストをプリントできるだけでなく、写真なども使用することが可能です。こだわりを入れたい時や、何か目的に応じたデザインTシャツを作りたい時など、様々なシーンや状況に合わせて使い分けながらTシャツを作成することができます。

オリジナルTシャツ作成で思い出作りを

最近話題の夏フェスや野外フェスに行くと、お揃いのTシャツに身を包むスタッフの姿がよく目につくようになりました。同じシャツを着るだけで区別できるので、主催者、客双方にメリットがあります。

学校やクラブ活動のイベントでお揃いのTシャツ作成をするのもいいでしょう。お揃いの衣装に身を包めば、士気も上がり団結できそうです。店舗を訪れることなく、インターネットで注文、決済できます。好きなデザイン、フォント、シャツの色や形、サイズを選択するだけで自分達だけのオリジナルTシャツが完成します。店舗スタッフの制服に採用するとおしゃれな雰囲気になるでしょう。

オリジナルTシャツ作成に関する記事